»【決定版】古着買取おすすめランキング15選!! «

【リーバイス】復刻とヴィンテージの違い&見分け方【現行含む】

  • 「リーバイスの復刻とヴィンテージの違いが知りたい」
  • 「復刻とヴィンテージの見分け方が知りたい」

こんな方へ向けて書いています。

ちゃり
ちゃり

筆者の僕は、現役の古着屋店員です。これまで数多くのヴィンテージを見分けてきました。

LVC」というリーバイス公式の復刻ラインがあるのをご存知でしょうか?

ヴィンテージリーバイスを忠実に再現しており、一見すると見分けがつかないほど。

しかし、「内タグ」と「ボタン裏」でかんたんに見分けることが可能なので、詳しく解説します。

この記事を読めば、復刻とヴィンテージをすぐに見分けることができるようになりますよ。

主に501ジーンズの写真を使いますが、Gジャン等のジャケットも見分け方は全く同じなのでご安心くださいね。

※ヴィンテージ501の年代判別方法については「【完全版】リーバイス501ヴィンテージの見分け方【年代判別】」にて詳しく解説しています。

それではまいりましょう。

内タグで見分ける方法

まずは、左側のサイドに付いている「内タグ」を見ていきましょう。

ヴィンテージの内タグ

リーバイス501赤耳の内タグ

1980年〜1985年の内タグ。 (出典:Feeet)

リーバイス501の内タグ

1985年〜1988年の内タグ。

リーバイス501の内タグ

1988年〜1994年の内タグ。

リーバイス501の内タグ

1993年以降の内タグ。

ヴィンテージのリーバイスには、以上のような内タグが付きます。

すべて英語で書かれているのがポイントです。

復刻・現行の内タグ

リーバイス501復刻の内タグ

復刻リーバイスの内タグ

リーバイス501復刻の内タグ

復刻リーバイスの内タグ

ヴィンテージにはなくて、復刻や現行だけにある表記があります。

復刻や現行だけにある表記
  • 日本語の文字
  • 電話番号

主に上記の2つです。パッと見て分かりやすいですよね。

しかし、内タグは取れてしまっていたり、意図的に切り取られているものもあります。

その場合は次の「ボタン裏」を確認してみてください。

ボタン裏の刻印で見分ける方法

次に、ボタンの裏を見てみましょう。

パンツの場合は、ウエストのトップボタン。

ジャケットの場合は、どのボタンでも構いません。

ヴィンテージのボタン裏

リーバイス501のトップボタン裏の刻印

ヴィンテージリーバイスのボタン裏「6」

ヴィンテージのリーバイスのボタン裏の刻印は、

ヴィンテージのボタン裏
  • アルファベット1文字(例:K)
  • 1ケタ〜3ケタの数字(例:6、16、524)
  • 3ケタの数字+アルファベット(例:524M)
  • 刻印なし

4パターンが存在します。

復刻・現行のボタン裏

リーバイス501のトップボタン裏の刻印

復刻・現行リーバイスのボタン裏「J22」

一方で、復刻現行のボタン裏の刻印は、

復刻や現行のボタン裏
  • アルファベット+数字(例:J22)
  • 4ケタの数字(例:4420)

の主に2パターンです。

日本企画のモデルには「J」のアルファベットが先頭に付きます。

例外あり:バレンシア製の見分け方

リーバイス501のトップボタン裏の刻印

復刻モデルに付くバレンシア工場の数字「555」

じつは、ボタン裏「555」だけは例外の扱いになります。

555=アメリカのバレンシア工場の番号で、1996年〜2003年の間に製造されていた復刻モデルの番号です。

バレンシア製は…
  • 初期の復刻モデル(LVC)
  • 最後のアメリカ製

といったこともあり、人気が高いのがバレンシア製の「555」です。

3ケタの数字であっても「555」の場合は例外と覚えておきましょう。

» バレンシア製を楽天市場で探す
» バレンシア製をYahoo!ショッピングで探す

まとめ

いかがでしたか?

復刻とヴィンテージの見分け方が分かったので、古着屋や中古品の買い物で失敗することもなくなりますね。

LVC復刻版501について知りたい方は、以下の記事へどうぞ。

» リーバイス501は復刻版を買うべき4つの理由【LVC】

»【LVC】リーバイス501復刻版の種類【シルエット比較あり】

ヴィンテージ501について詳しく知りたい方は、以下の記事へどうぞ。

»【完全版】リーバイス501ヴィンテージの見分け方【年代判別】

ちゃり
ちゃり
最後まで読んでいただきありがとうございました。古着屋店員のちゃり(@hurugiblog)がお送りしました。
ぬこ
ぬこ
「参考になった!」と思ったら下のボタンからシェアしてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
年代判別
\ 参考になったらシェアしよう/
古着ブログ