»【決定版】古着買取おすすめランキング15選!! «

チャンピオンのタグで年代を見分ける方法【Tシャツ・スウェット編】

  • 「チャンピオンのタグの種類が知りたい」
  • 「チャンピオンの年代の見分け方が知りたい」

こんな方へ向けて書いています。

ちゃり
ちゃり
筆者の僕は、現役の古着屋店員です。これまで数多くのヴィンテージの年代判別をしてきました。

年代の見分け方を知らないと、適正価格ではないものを買って失敗してしまう可能性があります。

もしヴィンテージや古着のチャンピオンを買おうと思っているなら、知っておくべき内容です。

今回は【Tシャツ・スウェット】に絞り、参考書籍とこれまでの経験を踏まえて解説していきます。

この記事を読めば、タグで年代を見分けられるようになり、ヴィンテージや古着をもっと楽しめるようになりますよ。

※リバースウィーブは違うタグが付くので、以下の記事へどうぞ。
» 【チャンピオン】リバースウィーブのタグで年代を見分ける方法

参考書籍

1936年〜1937年「プリティランタグ最初期」

チャンピオン プリティランタグ 最初期

最初期のプリティランタグ。(出典:SUNTRAP)

「デカランタグ」とも呼ばれます。

オレンジと黒のカラーで、下部に「洗濯時の注意書き」があるのが特徴です。

本来は「ランナーズタグ」ですが、「ランタグ」と略されることが多いです。

1938年〜1940年「プリティランタグ初期」

チャンピオン プリティランタグ 初期

初期のプリティランタグ。(出典:CAPRi)

注意書きの下にラインが追加されます。

1940年〜1947年「プリティランタグ中期」

チャンピオン プリティランタグ 中期

中期のプリティランタグ。(出典:magnets)

注意書きの代わりに、NAMEとADRESSの記入欄が入ります。

1947年〜1950年「プリティランタグ後期」

チャンピオン プリティランタグ 後期

後期のプリティランタグ。(出典:FOREMOST)


中期→後期の変更点は次のとおり。

  • ランナー部分が白抜きに
  • 配色が変更
  • ロゴフォントが変更
  • ADRESSが削除され、NAMEのみに

1951年〜1961年「小文字ランタグ」

チャンピオン 小文字ランタグ

ロゴが小文字のランナーズタグ。(出典:HamburgCafe)

ランナー下のラインが削除されます。

Championのロゴが小文字になることから、「小文字ランタグ」と呼ばれています。

1961年〜1963年「大文字ランタグ前期」

チャンピオン 大文字ランタグ

ロゴが大文字のランナーズタグ。(出典:SixPacJoe)

CHAMPIONのロゴが大文字に変更されます。

1963年〜1965年「大文字ランタグ後期」

チャンピオン 大文字ランタグ

後期型の大文字ランタグ。(出典:mecca)

デザインの配置が変更されます。

1965年〜1967年「C中ランタグ」

チャンピオン C中ランタグ

C中ランタグ。RNナンバーが入る。(出典:SixPacJoe)

ランナーがCの中に入ることから、「C中(シーナカ)ランタグ」と呼ばれています。

また、RNナンバーと洗濯表示が記載されるようになります。

RNナンバーとは?

アメリカ国内の各会社に交付された登録番号。会社ごとのマイナンバーみたいな感じ。
1959年から交付されたので、タグにRNナンバーが入っていればザックリ1960年代以降であると判別できます。

1967年〜1971年「プロダクツタグ」

チャンピオン プロダクツタグ

プロダクツタグ。PRODUCTS INC.の文字が入る。(出典:daniel)

チャンピオン プロダクツタグ

プロダクツタグ。PRODUCTS INC.の文字が入る。(出典:HamburgCafe)

1967年、チャンピオン社は「CHAMPION KNITWEAR CO., INC.」から「CHAMPION PRODUCTS INC.」に社名を変更します。

タグの表記も「PRODUCTS INC.」へ改められたことから、プロダクツタグと呼ばれています。

1971年「バータグ初期」

チャンピオン バータグ初期

バータグ。初期はロゴとサイズ表記のみ。(出典:ACORN)

チャンピオンのロゴが青いバーの中に描かれることから「バータグ」と呼ばれています。

初期のものは、

  • ロゴ
  • サイズ表記

の2つのみ。

ウラ面には「社名・RNナンバー・生産国」が記載されます。

ちなみに、この馴染みのある「Cマーク」は1969年にデザインされました。

1971年〜1973年「バータグ中期」

チャンピオン バータグ中期

中期のバータグ。素材表記が追加される。

バータグは中期になると素材表記が追加されます。

  • ロゴ
  • サイズ表記
  • 素材表記

表記は以上の3つになります。

1973年〜1982年「バータグ後期」

チャンピオン バータグ後期

後期のバータグ。”FOR CARE SEE REVERSE”の文字が追加される。

チャンピオン バータグ後期の裏面

バータグ後期のウラ面。洗濯表示がある。

バータグは後期になると、「FOR CARE SEE REVERSE」の文字が追加されます。

ウラ面には、洗濯表示が追加されます。

  • ロゴ
  • サイズ表記
  • 素材表記
  • 「FOR CARE SEE REVERSE」表記

表記は以上の4つになります。

バータグ後期の復刻アイテム

1982年〜1985年「トリコタグ前期」

チャンピオン トリコタグ前期

トリコロールカラー(青・白・赤)のトリコタグ前期。

チャンピオン トリコタグ前期

トリコタグ前期のウラ面。

青・白・赤のトリコロールカラーで構成されることから「トリコタグ」と呼ばれます。

「MADE IN U.S.A. – RN 26094」がウラ面に書かれているものが「トリコタグ前期」です。

トリコタグ前期の復刻アイテム

1985年〜1988年「トリコタグ後期」

チャンピオンのトリコタグ後期

トリコタグ後期。

チャンピオンのトリコタグ後期

トリコタグ後期のウラ面。

トリコタグ後期では、「MADE IN U.S.A. – RN 26094」の表記がオモテ面へ移動します。

ウラ面は洗濯表示のみとなります。

1983年〜1985年頃「青刺繍タグ前期」

チャンピオン 青刺繍タグ前期

青刺繍タグ前期。

チャンピオン 青刺繍タグ前期

青刺繍タグ前期のウラ面。

青いカラーの刺繍でデザインされた、一気に今っぽいタグに変わります。

このタグは生産期間が短いため、ジワジワと希少価値が上がっているようです。

チャンピオン Cマーク 目付き

1984年から袖に付くCマーク(通称:目付き)

この頃(1984年)から、Tシャツやスウェットの左袖に「Cマーク」が付くようになります。

※Cマークが付いているものは通称「目付き」と呼ばれ、付かないものは「目無し」と呼ばれます。

1986年〜1990年代初頭「青刺繍タグ中期」

チャンピオン 青刺繍タグ中期

青刺繍タグ中期。

チャンピオン 青刺繍タグ中期

青刺繍タグ中期のウラ面。

中期より、オモテ面に「CARE ON REVERSE」の文字が追加されます。

1990年代「青刺繍タグ後期」

チャンピオン 青刺繍タグ 後期

青刺繍タグ後期。

チャンピオン 青刺繍タグ 後期

青刺繍タグ後期のウラ面。

ロゴ部分の背景色が変わり、文字の数が増えます。

この頃になると、アメリカ製ではないものも存在します。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、チャンピオンのタグで年代を見分ける方法を解説しました。

ちゃり
ちゃり

アメカジの定番であるチャンピオンを着て、ファッションを楽しみましょう。

※リバースウィーブは違うタグが付くので、以下の記事へどうぞ。

» 【チャンピオン】リバースウィーブのタグで年代を見分ける方法

この記事の参考書籍

ちゃり
ちゃり
最後まで読んでいただきありがとうございました。古着屋店員のちゃり(@hurugiblog)がお送りしました。
ぬこ
ぬこ
「参考になった!」と思ったら下のボタンからシェアしてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
年代判別
\ 参考になったらシェアしよう/
古着ブログ