»【決定版】古着買取おすすめランキング15選!! «

TALON(タロン)ジッパーの年代判別方法【古着屋店員が解説】

  • 「TALONジッパーの年代を見分けたい」
  • 「ヴィンテージや古着の知識を勉強したい」

こんな方へ向けて書いています。

ちゃり
ちゃり

筆者の僕は、現役の古着屋店員です。これまで数多くのヴィンテージを見分けてきました。

TALON(タロン)社とは、ジッパーの生みの親であり、かつて世界シェアNo.1だったメーカーです。

しかし、1980年代までに日本のYKKにシェアを奪われてしまいました。

そのため、ヴィンテージ=TALONジッパーというイメージが定着しています。

実際に、ヴィンテージ古着にはTALONジッパーが使われていることが多いです。

この記事を読んで見分け方を覚えれば、一気にヴィンテージ古着に詳しくなれますよ。

※日本では「ファスナー」や「チャック」と呼ばれることも多いですが、全く同じ意味です。

TALON(タロン)ジッパーの年代判別方法

古い年代順に解説していきます。

〜1937年「HOOKLESS(フックレス)」

HOOKLESSジッパー

前期型のHOOKLESSジッパー。1926年〜1928年頃のもの。(出典:Cocky Crew Store)

TALON HOOKLESSジッパー

後期型のHOOKLESSジッパー。1937年以前のもの。

TALON社の前身メーカー「HOOKLESS」社製のジッパーです。

1937年頃にTALON社に社名が変更されたことから、1937年以前のものであると推定できます。

「HOOKLESS」のみの表記の方が古く、「TALON HOOKLESS」と書かれたものは後年のもの。

ヴィンテージ市場では希少価値が高く、ジッパーだけでも高値で取引されることがあります。

1930年代「ハトメTALON」

ハトメエンド

ジッパーエンドに付くハトメ。ジャケット類でよく見かける。

ジッパーエンドに「ハトメ」が付くのは1930年代のみ。

スライダーの形状にはいくつか種類がありますが、エンドにハトメが付いていたら1930年代のもので間違いありません。

扇型TALONジッパー

扇型のデコTALONジッパー。1930年代後半のもの。

アールデコ調のラインが入った扇型TALONは、1930年代後半に多く見られます。

この扇型TALONのエンドにはハトメが付いていることが多いです。

アールデコとは?

1910年代〜1930年代に流行した芸術様式。幾何学模様や直線的なデザインが特徴。
角型ピンロックTALONジッパー

角型ピンロックTALON。1930年代後半〜1940年代に見られる形状。

こちらは「角型ピンロックTALON」と呼ばれるもの。

ハトメエンド

”ハトメエンド”。1930年代のディテール。

ジッパーエンドがハトメの場合は1930年代、ハトメが付かない場合は1940年代です。

「ボールチェーン」も1930年代まで

ボールチェーンTALONジッパー

ボールチェーンジッパー。1930年代以前に使われていた。

写真のようなボールチェーンジッパーは1930年代以前のもの。

ジャケットの胸ポケットやパース、トラベルケースなどでよく見かけます。

1940年代以降は、菱形のものが使われるようになります。

〜1940年代前半「デコTALON」

デコタロンジッパー

アールデコ調のラインが入る棒型のTALONジッパー。

デコTALONエンド

アールデコ調のジッパーエンド。(出典:Feeet

アールデコ調のラインが入る通称「デコTALON」は、1940年代前半まで。

〜1940年代「コの字留めTALON」

ベル型コの字留めTALONジッパー

ベル型のコの字留めTALON。1940年代頃のもの。

ベル型コの字留めTALONジッパー

ベル型のコの字留めTALON。1940年代頃のもの。

棒型コの字留めTALONジッパー

棒型のコの字留めTALON。1940年代頃のもの。

V TALONジッパー

通称「V TALON」ジッパー。”V”の文字が入る。1940年代頃のもの。(出典:BRIDGE)

ジッパー上端にコの字の金具が付く「コの字留め」は、1940年代まで。

ベル型や棒型など、さまざまな形状があります。

1940年代〜1960年代「菱形TALON」

菱形TALONジッパー

菱形TALONジッパー。(出典:BACK IN THE DAYZ.)

1940年代から、ボールチェーン→菱形のスライダーに変更されました。

ジャケット類の胸ポケットなどによく使われているジッパーです。

〜1950年代前半「ピンロック(片爪)」

ピンロックTALONジッパー

ピンロック(片爪)ジッパー。1950年代前半まで。

ピンロックTALONジッパー

ピンロック(片爪)ジッパー。1950年代前半まで。

スライダーが下がらないようにロックする爪が1つのものを、「ピンロック」または「片爪」と呼びます。

1950年代前半までに見られるロック機構です。

1950年代後半〜1960年代「カムロック(両爪)」

カムロックTALONジッパー

カムロック(両爪)ジッパー。1950年代後半〜1960年代。

カムロックTALONジッパー

カムロック(両爪)ジッパー。1950年代後半〜1960年代。

裏側の爪が2つに進化した「カムロック(両爪)ジッパー」です。

1950年代後半〜1960年代に見られます。

1950年代後半〜1970年代「棒TALON」

棒TALONジッパー

「棒TALON」ジッパー。1950年代後半〜1970年代に使われていた。

スライダーがやや長く、先端に丸みがあるのが特徴の通称「棒TALON」ジッパー。

棒型のジッパーは以前から存在しますが、「棒TALON」という呼称はこちらを指すことが多いです。

1960年代〜「セミオートマチックTALON」

セミオートマチックTALONジッパー

セミオートマチックTALONジッパー。1960年代〜1970年初頭に見られる角型のもの。

セミオートマチックTALONジッパー

セミオートマチックTALONジッパー。1960年代〜1970年初頭に見られる角型のもの。

カムロック(両爪)から「セミオートマチック」というロック機構に進化したジッパー。

中央にバネの役割をするシルバーの金具が付いているのが特徴です。

この角形のデザインのものは、1960年代〜1970年代初頭に多く見られます。

1960年代〜「オートマチックTALON」

42TALONジッパー

通称「42TALON」。1960年代〜1980年代前半まで使われていた。

オートマチックTALONジッパー

オートマチックTALON。1960年代〜1970年代頃まで使われていた。

ロケットTALONジッパー

通称「ロケットTALON」。1970年代〜1990年代頃まで使われていた。

ロケットTALONジッパー

通称「ロケットTALON」。1970年代〜1980年代頃まで使われていた。

涙TALONジッパー

通称「涙TALON」。1970年代〜1980年代頃まで使われていた。

オートマチックTALONジッパー

オートマチックTALON。1970年代〜1980年代頃まで使われていた。

オートマチックTALONジッパー

通称「デカTALON」。1960年代〜1980年代頃まで使われていた。

1960年代以降は、現在でも一般的な「オートマチック式」のロック機構のジッパーが幅広く使われるようになります。

この中でも通称「42TALON」と呼ばれるものは特に有名で、実際に古着屋に行くとすぐに見つかるジッパーです。

1980年代〜1990年代「角丸セミオートマチックTALON」

セミオートマチックTALONジッパー

角丸セミオートマチックTALON。1980年代〜1990年代のもの。

この年代のセミオートマチックTALONジッパーは、以前の角型のものと比べて、角が丸いのが特徴です。

1990年代以降は、TALONジッパーをほとんど見かけなくなります。

現行品や復刻品も少なからず存在しますが、金属の質感や仕上げの違いくらいしかなく、慣れている方でないと見分けるのは難しいと思います。

その場合、ブランドタグや品質表示タグなどを見て、総合的に判断してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

TALONジッパーの形を覚えるだけで、ヴィンテージの基本をおさえることができましたね。

とはいえ、ヴィンテージの年代判別方法は、TALONジッパー以外にもたくさんあります。

私たち古着屋では、タグ・形・素材など、いろいろな特徴をふまえて、最終的な年代判別をしています。

ジッパー以外の年代の見分け方も知っておくと、古着屋に行くのが楽しくなりますよ。

※ヴィンテージ初心者の方には以下の書籍がオススメです。
幅広いアイテムの見極め方、基礎知識が詰まった一冊で、持っておいて損はないですよ。

ちゃり
ちゃり
最後まで読んでいただきありがとうございました。古着屋店員のちゃり(@hurugiblog)がお送りしました。
ぬこ
ぬこ
「参考になった!」と思ったら下のボタンからシェアしてくれると嬉しいです。
スポンサーリンク
年代判別
\ 参考になったらシェアしよう/
古着ブログ